FC2ブログ



















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『眉山』 著:さだまさし 

眉山 (幻冬舎文庫 さ 8-4)眉山 (幻冬舎文庫 さ 8-4)
(2007/04)
さだ まさし

商品詳細を見る

お勧め度:★★


あらすじ
「東京の旅行会社に勤める、33歳の咲子。
小料理屋の女将として、女手一つで育ててくれた母、
龍子は、三年前パーキンソン病を患い、ケアハウスで療養していた。
しかし、梅雨に入った頃、母が末期癌で、もってひと夏であると知らされる。
徳島に戻って最期を看取ろうと決意した咲子の耳に、
母が“献体”を希望しているということが飛び込む。
母の決意の謎を追ううちに、一度も見たことのない父に辿り着き・・・」


2007年、映画化された作品

母、龍子の人情深い人柄や、一人前に子を育て、
最後まで自分の足で力強く人生を歩み切った姿には、
人として、凄く尊敬の念を抱く
苦労してはる人の言葉は、深いよなぁ

ただ、阿波踊りの力強さや、眉山の美しい情景は、
馴染みがないとなかなか想像し難いし、
物語の展開がサラサラと流れる小川みたいに、きれい過ぎて、
若干もの足りない感じは否めない
映画用の脚本と思って読んだら、うーんって感じはしないのかも

一番胸に来た、龍子の教えは、

孝行はね、親が生きているうち、じゃあ遅過ぎるんだよ。親がねえ、元気でいるうちにしなきゃあ駄目だよ
(P.150)

まだ間に合うかな
とりあえず、帰国したら就活頑張ります

暑くてムシムシする日に飲む、冷たーい麦茶みたいな作品

テレビのドラマは観ました

テレビでは、咲子を常盤貴子、龍子を冨司純子が演じてました。私はほとんど、テレビドラマを観ないのですが、これ、なかなか、よかったですよ。“やわらかさ”のある映像で役者も巧かったからも・・・。
本も読んでみようかな・・・。
[2008/06/02 05:12] メデューサの瞳 [ 編集 ]

コメントありがとうございます☆

やっぱ映像で見たら、感じが違うんですかねe-53
ドラマも映画も観てないので、帰国したら見てみようと思いますe-288
本は、どちらかというと、脚本みたいな感じで、凄く読みやすいですよe-420
[2008/06/02 14:32] まや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco6calcio.blog96.fc2.com/tb.php/102-06fe4d2d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。