FC2ブログ



















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『神様からひと言』 著:荻原浩 

神様からひと言 (光文社文庫)神様からひと言 (光文社文庫)
(2005/03/10)
荻原 浩

商品詳細を見る

お勧め度:★★★★


あらすじ
「大手広告代理店を辞め、
たまちゃんラーメンの珠川食品に再就職した、佐倉涼平。
早速、会議で上司と喧嘩。流れ着いた先は、
お客様相談室。会社のモットーである、“お客様の声は神様のひと言”は、
表向きで、要は“汚いモノに蓋をする”式のクレーム処理。
彼女にも出ていかれて、もう半年。
踏んだり蹴ったりの涼平に、神様は手を差し伸べてくれるのか・・・」


またまた、1本ネジが抜けたように個性的で、くすっと笑える人々が勢ぞろい
主人公の残念な感じも、憐れみを誘い、ついつい応援したくなってしまう
室長お気に入りの高級ダージリンティーに、
ぞうきんの絞り汁をアクセントとして加えるアイディアも、ナイス
でも、“明石町”は強烈過ぎるから、良い子は見ちゃダメ
年をいくつ重ねても綺麗でいたいっていう理想はあるけど、
おばあちゃんになったら、おばあちゃんらしくありたい笑

ただ、メインは、“リストラ要人の詰め所”とも言われる程、
やりがいのないお客様相談室
自社の製品に誇りを持っているならまだしも、キツイ仕事には違いない。
電話の着信音、クレーマーの怒声、ストレス発散のためにわめく声、
更には日常の愚痴まで語りだす人の声・・・こんなん毎日聞いてたら、
胃に穴のひとつくらい開いたって、おかしくないわ笑

それと、せせこましい社内の争いも、ほんま細かく描かれてて、
何となく、“会社に属する”ことに、マイナスなイメージをもってしまう。
そういう肩書に走るおっちゃんばっかの会社には、入りたくないなぁ

とはいえ、ラストは夢見る乙女も合格点をあげるような、
ロマンティックな感じやから、スッキリ
未来への希望があれば、それでグゥ~よね

一番気に入った文は、

いまの自分じゃない本当の自分なんて、
いまのここじゃない本当の居場所なんて、
探す必要はどこにもないことに気づいていなかったんだ。


(P.407)

名誉や肩書の付いた、「他人からの自分」よりも、
ありのままの自分を好きでいられたら、きっと幸せなんだよなぁ

2日目のおでんみたいな作品
[2008/06/26 04:08] キラキラ系 荻原浩 | TB(0) | CM(2)

ありのままを自分を好きになること・・・
実は結構難しいねv-237
でもそうなりたいものです^^
[2008/06/27 12:51] かずなり [ 編集 ]

Merci☆

大切なコトほど難しいんですかねi-201
壁にぶつかると、自己嫌悪に陥るので、
気をつけたいですi-229
[2008/06/27 15:10] まや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco6calcio.blog96.fc2.com/tb.php/112-43e7bd47


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。