FC2ブログ



















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『真珠夫人』 著:菊池寛 

真珠夫人 (文春文庫)真珠夫人 (文春文庫)
(2002/08)
菊池 寛

商品詳細を見る

お勧め度:★★★★★


あらすじ
「清い交際をしていた、瑠璃子と直也。
ふとした事から、成金の勝平の怒りを買ってしまい、
瑠璃子は勝平の妻になるよう仕向けられ、二人は引き裂かれる。
だが、禍か、半年も経たぬうちに勝平は悲運の死を遂げ、
瑠璃子は未亡人に。女王蜘蛛のように、
サロンに集う男達を魅きつけ、妖婦のように弄びながらも、
初恋を心に留め、操を守り続けた瑠璃子が行き着いた先とは・・・」


大正九年六月から十二月まで新聞に連載され、何度もドラマ化や映画化された、
昼ドラ小説の鏡とも言える作品
2002年にフジテレビで放送されたモノは、原作とはかなり違うけど、
めっちゃはまって見てた
個人的には、ボタバラより好き

初恋を大事に心に秘めるとか、操を守るとか、凄く素敵
昔のほうが、相手を思いやる気持ちの方を重視してたのかなぁ
古風な考えを馬鹿にすればするほど、
世の中は、どんどん恐ろしくなるのかも

それと、家の借金の為に嫁ぐとか、今の時代にはありえない考えやけど、
当時の娘、特に身分が高い家の娘は、
家の名誉&繁栄と結婚が結びついていたのも加わって、
それが当り前の選択やったんやろうね
まぁ、瑠璃子は、復讐のためやったんやけど、
あんなにアッサリ終わっちゃうと、その怒りの矛先が、
男性全体に向かってしまうのも無理ないよなぁ

うぶな男性の心を弄ぶ瑠璃子の姿には、多少、てかだいぶ行き過ぎって、
ツッコミたくなるけど、スカッとする印象も受ける
女を弄ぶ男は、あんまり批難されないのに、
男を弄ぶ女は、妖婦と罵られるなんて、おかしいって言うことには、一理あると思う
フランス文学でも、よく、≪femme fatal≫(悪女)として描かれたヒロインが山ほどいるのに、
その逆はあんまり見たことない。

まさに、それを表している、瑠璃子の語りは、

男性が女性を弄ぶことを、当然な普通なことにしながら、社会的にも妾だとか、芸妓だとか、女優だとか、娼婦だとか、弄ぶための特殊な女性を作りながら、反対にたまたま一人か二人かの女性が男性を弄ぶと妖婦だとか毒婦だとか、あらゆる悪名を負わせようとする。それは男性の得手勝手です。我儘です。
(P.406)

男権社会は、やぁねぇ笑
まぁ、人の気持ちを弄んだら、いつか報いを受けるんやろうけど

食べ始めたら止まらない、かっぱえびせんみたいな作品
[2008/06/28 04:47] 昼ドラ小説 菊池寛 | TB(0) | CM(2)

私も見てました!

このドラマだけは、はまりましたねー。
とにかく欠かさず見てました。
今考えると、自分のどこにそんな時間があったのか
疑問・・・。
それで慌てて原作を読んだら、別もの!
すんごいびっくりしたけど、これはこれで
面白かったです。
[2008/07/01 08:43] sakura-kanade [ 編集 ]

コメントありがとうございます☆

何か、惹きつけられるモノがありましたよね笑e-420ある意味、良い想い出ですe-51
お互いがひとつの作品として成立するって、
凄いですよねe-265小説を映像化すると、だいたいショックですもんねe-190
[2008/07/29 20:47] まや [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco6calcio.blog96.fc2.com/tb.php/114-487f97c6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。