FC2ブログ



















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『猛スピードで母は』 著:長嶋有 

猛スピードで母は猛スピードで母は
(2002/02)
長嶋 有

商品詳細を見る

お勧め度:★★★★★

あらすじ
ある夏の日からひと月ほど、母は家に帰ってこなくなった。
代わりに、「みゆきさん」が、ご飯を作ってくれるようになった。
父、弟、みゆきさん、そしてわたしのよにんで過ごした、
一風変わった夏休み―処女作である『サイドカーに犬』、
そして、芥川賞を受賞した『猛スピードで母は』を収めた、
書き手・長嶋有と出会う短編集。


「飼育されてる」と感じるわたし。
みゆきさんに、麦チョコをお皿に入れてもらって、
床に座って、弟とふたりで食べる時。
一度乗ってみたかったサイドカーに乗った時。
まるで「犬みたい」と
こんな風に捉えるなんて、ほんまツボ笑2
読めば読むほど、クスクスクスと、笑いが込み上げてくる
こんな感じで、基本的にゆるゆると描いているからこそ、
ラストで母とみゆきさんが鉢合わせするシーンに、
まるでハリケーンのような衝撃を受けるのかも
巧みやわ

『猛スピードで母は』も、めっちゃ良い
まず、言葉遊びがふんだんなトコ
「ケーシーエーエル」(kcal=キロカロリーのコト)って読むなんて・・・
誰でも小さい頃、いくらでも似たような間違いをしたことがあるからこそ、
楽しめるんやろな

それと、お母さんがほんまにクール
こどもを産んでも、「女」としての自分を大切にするなんて、
めちゃ憧れる

一番心に残った行は、

あんたはなんでもやりな。私はなにも反対しないから。
(P.122)

こんな台詞をさらっと言える、素敵なお母さんになりたいなぁ
まだまだ、うーんと先に話やけど・・・
[2008/10/19 13:34] キラキラ系 長嶋有 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco6calcio.blog96.fc2.com/tb.php/148-fa521732


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。