FC2ブログ



















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ビタミンF』 著:重松清 

ビタミンF (新潮文庫)ビタミンF (新潮文庫)
(2003/06)
重松 清

商品詳細を見る

お勧め度:★★★★★


あらすじ
「気がつくと、もうすぐ40歳。
結婚して、こどもも出来て、
もう“若い頃”や“昔”なんて言葉にも、違和感を感じなくなった。
でも、ふとこんな考えが頭を過ぎる。
≪俺の思い描いていた人生は、こんな風だったんだろうか?≫
≪何か大事なものを見落としていないだろうか?≫・・・」


2001年、第124回直木賞受賞

家族間の会話の減少、非行、いじめ、離婚など、
どんな家族にでも、多少なり起こる問題を、
40手前の父親の視点で描いた、7つの短編集

昔の、父親=頑固で威厳があるというイメージも、今では、
家族の中で、ポツンと取り残されたような存在に陥っている。
そんなお父さんを主役にすることで、
何かしら、“エール”を送っているように感じた
どんなお父さんだって、ちゃんと家族のこと考えてるんよね

普段は、“ウザイ”と感じるお父さんも、
家族のことをこんな風に見ているのかもしれないと、参考になります笑


一番、ハッとした、ある父親の語りは、

「現実は厳しいんだよ、おとなもこどもも」
(P.202)

厳しいからこそ、支えあわないといけないんだよね

最近、親子の会話が少ないなって感じてる人は、ぜひこの『ビタミンF』を服用してみて下さい
とある錠剤のCMをまねると、
≪ビタミンFの半分は、目を逸らしたくなるような現実で出来ていますが、
もう半分は、あったかい家族の絆を思い出させてくれる、魔法の成分です≫
な~んて

こたつで飲む緑茶みたいな作品



[2008/05/13 01:34] キラキラ系 重松清 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco6calcio.blog96.fc2.com/tb.php/83-d5aa62ed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。